とくさのかんだからは、「古事記」「日本書紀」と並ぶ史書「先代旧事本紀」に、天璽瑞宝十種(あまつしるしみずかからとくさ)という名称で登場する、霊力を宿した十種類の神の宝のこと。

その霊力はすさまじく、国家の隆盛も滅亡も操作できるほどの霊力が備わった神器であるとする。

石上神宮では、その神宝に宿る神霊を「布留御魂大神ふるのみたまのおおかみ」として神格化、祭神として祀り上げているほどだ。

先代旧事本紀によると、この十種神宝は、饒速日尊が天磐船で河内に降臨する際、天神御祖から授けられたものとされ、これを授けられた者こそが正統なる皇位継承者と成り得ると考えられる。

物部氏の祖、神饒速日命が天神御祖より授けられた宝は、羸都鏡(おきつかがみ)、邊都鏡(へつかがみ)、八握劔(やつかのつるぎ)、生玉(いくたま)、死反玉(まかるがえしのたま)、足玉(たるたま)、道反玉(みちがえしのたま)、蛇比禮(おろちのひれ)、蜂比禮(はちのひれ)、品物比禮(くさぐさのもののひれ)の十種の天璽瑞宝である。

物部氏は武(軍事と警察)を司った氏族である。

この為に海事は言うに及ばず金属精錬、武具造りなどに長けていた。武器倉庫などの建築にも長じていたであろう。
物部氏は祭祀氏族でもあった。

銅鐸を造り、呪具を造り、神殿や祭壇を造った。

先代旧事本紀』巻七天皇本紀の一部


十種神宝の使い方や効力を、下記にまとめておく。とはいうものの、詳細は伝わっておらず、想像の域を出ない。

おきつかがみ

沖津鏡

高い所に置く鏡。太陽の分霊とも言われる。裏面には掟が彫られている、いわば道しるべ。

へつかがみ

辺津鏡

いつも周辺に置く鏡。顔を映して生気・邪気の判断を行う。フツと息を吹きかけて磨くことが、自己の研鑽につながる。

やつかのつるぎ

八握剣

国家の安泰を願うための神剣。悪霊を祓うことができる。

いくたま

生玉

願いを神に託したり、神の言葉を受け取ったりするとき、この玉を持つ。神の言葉が心で聞ける。神と人をつなぐ神人合一のための光の玉。

たるたま

足玉

全ての願いをかなえる玉。この玉を左手に載せ、右手に八握剣を持ち、国家の繁栄を願う。

まかるかへしのたま

死返玉

死者を蘇らせることができる玉。左胸の上に置き、手をかざして呪文を唱え由良由良と回す。

ちかへしのたま

道返玉

ヘソ上一寸のところに置き、手をかざしながら呪文を唱える。悪霊封じ・悪霊退散。

へびのひれ

蛇比礼

魔除けの布。もともとは、古代鑪製鉄の神事で、溶鋼から下半身を守るための前掛け。のちに、地から這い出して来る邪霊から身を守るための神器となった。毒蛇に遭遇したときにも使用する。

はちのひれ

蜂比礼

魔除けの布。振ったり身を隠したりして、天空からの邪霊から身を守る。または、邪霊や不浄なものの上にかぶせて魔を封じ込める。

くさぐさのもののひれ

品々物之比礼

物部の比礼。ここに物を置くと品々が清められる。死人や病人をこの比礼を敷いて寝かせて、死返玉により蘇生術を施す。また魔物から、大切な品々を隠すときにも使う。


十種神宝ペンダントは、道幸武久先生監修の元、その力を身に付けられるアイテムとして開発されました。

~道幸武久氏プロフィール~ 

経営コンサルタント 。 作家、累計22万部。伊勢神宮ツアー12年開催

【呪術】物部神道十種神宝講座主催。神舞のプロデューサー。

日本人が成功するためには、日本人の心を強くしなやかにする精神基盤、別の表現をすれば「意識のOS」が必要です。

そのOSが神道であり、そのOSの上に必要なソフトがこの十種神宝になります。

十種の宝にはそれぞれ意味があり、力があると考えます。

それぞれの宝の霊力を身に着けることにより、人に具わっている力を開花へと導くことでしょう。

ペンダントは、神道家で物部神道管長である 道幸武久先生により 、長野県にある飯縄山の護摩堂にて1個1個御霊入れを行っております。

ペンダントにデザインされたマークの御霊入れをする事により、その効力がマークに宿り、力を貸し後押しを。

◆道幸武久先生の護摩は、八百万の神々が現れるといわれます

◆自分自身を振り返り浄化し、自分のお役目を決意。そのような大変貴重な体験となります

◆まずは主宰神様や十種神宝への礼から始まり、全員で祝詞やお経を唱え、一体感の中、炎が立ち昇ります


愛用者のお声

株式会社Happious international

山の幸フーズ株式会社

代表取締役 内田洋介 様

★神社の肌お守りと違い、乗り越えたい場面がある時や少し気穢れを感じる時に神棚にあげ、感謝のお参りをしてから身につけるようにしています。ペンダントの十種神宝のを信じる事によりご神徳を頂きいくつもいい方向に流れをつくる事ができています。

一般的なお守りと違い貴重な機会に手にすることが出来てよかったです。お守りを意識することってあまりないかと思いますので、ぜひ手にとって頂けたら道開きに繋がるかもしれません。


★ペンダント 身体の一部として付けさせていただいてます。十種神宝を意識し唱えることで、その効果が発動し、身体へ影響が及ぼされるように感じます。

(斉藤様)


商品詳細

十種神宝ペンダント『願GAN』

沖津鑑は未来を見通し、生玉は生きる力(希望)を与え、死返玉は甦る力を与える。まさに、


一般的なお守りや御祈願は、自分を守ってほしい、願いが叶ってほしいと、他力本願的な発想になりがちです。本来のお守りとは、人が持つ力や、自分自身が持つエネルギーで、自分を守るのではなく、自分が生かさせて頂きていることへの感謝を、地域や社会、両親やご先祖様、家族や仲間など、大切な方々を守る為に御祈願したり、お守りとして身に付け、エネルギーを高め、常に最高のパフォーマンスが発揮できるよう、常にメンテしながら、コンディションを整えるアイテムと言えます。

★使い方のコツは、ここぞという時に身に付ける、エネルギーが枯れテンションが下がっている時(気枯れ)の時に身に付けると、力を発揮できます。
一日使い終わったら神棚に置く、水晶の上に置く、満月の日に月の光に当てるなど、ご自身のお好みのメンテを実施頂けると、ペンダントの穢れ(気の流れ)が浄化されパフォーマンスが発揮されます


十種神宝ペンダント『願 GAN』

•販売価格:36,900円+税

•商品サイズ:[ステンレス製ペンダントトップ]φ28mm[ステンレス製チェーン[55cm][外箱]78mm×78mm×30mm(木箱)

•重量: パッケージ:50g、ペンダント15g

•生産国:日本

•材質:ステンレス